郡上八幡にプレオープンした「郡上木履」直営店を訪問!

 

スポンサードリンク

ゴールデンウィークも後半にさしかかった5月5日(火)、昨日の天気とは打って変わって快晴となったので、早起きして電車を乗り継いで(名鉄~JR~長良川鉄道)郡上八幡まで足を運びました。

郡上八幡

訪問した目的は単純に、「仕事で訪れた地を、観光客としてのんびり散策したい」というものでしたが、せっかくなので仕事にご縁があったところをたずねてみました。

郡上木履

そのひとつが、ゴールデンウィーク中にプレオープンしたという郡上木履(ぐじょうもくり)の直営店。


この店舗では、郡上踊りに用いられる下駄を販売していますが、商品は「メイドイン郡上」にこだわり、木材はもちろんのこと、鼻緒も郡上の伝統的な技法によってつくられたものを用いているとのことです。

郡上踊り用 下駄

店内にはバラエティあふれる下駄の数々。

お子様用に至るまで、サイズも取り揃えています。

鼻緒

鼻緒のバリエーション。

色とりどりの鼻緒が店内を華やかにしています。

彼が、郡上木履の製造販売を行っている諸橋有斗さん。

株式会社郡上割り箸の下駄事業部責任者です。


愛知県で生まれ育ち、岐阜県立森林文化アカデミーで木工を学んだことをきっかけに郡上市に移住、郡上の森林資源の活用と日本の下駄文化の発信を目的に下駄事業部を立ち上げたとのことです。

郡上下駄

プレオープンはゴールデンウィークの期間だけ。5月~6月は下駄作りに専念し、本格オープンは郡上踊りが始まる7月からとのこと。

皆さん、郡上八幡を訪れた際は、ぜひ郡上木履のお店にも立ち寄ってみてください!

 

スポンサードリンク