「第3回 DBJ女性新ビジネスプランコンペティション」募集中です!

本年度(正確には平成24年度補正予算)の第三回『創業補助金』事業募集は、本日で締め切り。

 

しかし、次年度以降も『起業』に対する熱はますます高まりが予想され、特に女性起業家の活躍ぶりが目につきます。

 

そんな女性起業家にとっての耳より情報(男性は蚊帳の外ですが…)!

 

株式会社日本政策投資銀行(DBJ)の発表によると、本年第三回目となる女性起業家を対象とした「DBJ女性新ビジネスプランコンペティション」を開催、優秀な新ビジネスに対し、最高で1,000万円の事業奨励金を含む事業支援を行う、とのことです。

 

参考)

「第3回 DBJ女性新ビジネスプランコンペティション」開催のお知らせ

 

募集対象は、『創業期にある女性経営者による事業』で、革新性が高く、事業性および成長性が期待できるビジネスプラン。創業のみならず、第二創業も対象とのことです。

 

募集期間は、平成25年12月16日(月)~平成26年2月28日(金)<17時必着>まで。

一次審査から二次審査、最終審査を経て受賞者発表は半年後の6月下旬とのこと。

 

ちなみに、第一回の最優秀賞受賞者は、女性の視点か農業の持続的発展に貢献する事業を営む株式会社エムスクエア・ラボの加藤百合子さん。

 

エムスクエア・ラボ

NHKの『クローズアップ現代』で、加藤さんが出演されていたのを記憶しています。

 

そして第二回ですが、『ファイナリストおよび受賞者を発表』は公表されていますが、最優秀賞はどうやら”該当者なし”のようです。

 

ファイナリストの一人、池成姫(チーソンヒー)さんが、先日のNHK『ニュースウォッチ9』で取り上げられていました。

 

私も仕事がら、男女様々なタイプの経営者・起業家と接することが多いのですが、概して女性経営者の方がフットワークが軽く、「こうあらねばならない」という常識にとらわれることなく柔軟に動いている印象です。

 

今回紹介した「DBJ女性新ビジネスプランコンペティション」に限らず、今後も創業・起業支援、特に女性起業家への支援は手厚くなるものと思われます。

 

創業間もない方から、これから創業しようと考えている方も、このかつてない創業支援の追い風を利用しつつ、ぜひ地域経済に新しい風を吹き込んでいただきたいと思います!


創業・企業の相談はくおん経営にお任せ下さい!

メールもしくは電話での初回相談は無料です。

どんな些細なご相談でも結構です。お気軽にお問い合わせください。

ホットライン 090-9907-8569 

お問い合わせ