電子書籍端末(kindle paperwhite)を購入!

 ずっと前から気にはなっていたけど、「まだ様子見かな~」と考えていた電子書籍端末。今年になってAmazonのサイトで商品の「kindle版」の文字をチラホラ目にするようになって、「もうそろそろ買い時かな」と考えるようになってきました。

 

 仕事柄、最新のITツール動向を把握しておく必要性もありますが、身近なところでは、

 

・本が書棚からあふれ出して、これ以上増え続けると大変。

 

・毎日、資料・ノートPC・iPadと持ち歩く中で書籍も持ち歩くのは大変。

 

という事情もあり、本格的にKindleの購入を考え始めていました。

 

 そんな中、購入したのはカラー表示ができるタブレットである「Kidle Fire」ではなくE-ink方式の白黒端末「kindle paperwhite」。

 

 なぜkindle paperwhiteの方を購入したかというと、すでにiPad(2)を持っていて、新たにタブレットを購入する必要性が低いこと、さらには下記の動画サイトが決め手となりました。

 と、いうわけで11日にAmazonで注文したところ、本日午前に到着しました。

 

 パッケージはごくシンプルな黒い箱。

 中身は、Kindle Paperwhite本体と、USBケーブル、あとごく薄いマニュアルのみです。

 本体はこんな感じ。ちなみに3G機能のないWifi版なので、価格はわずか7,980円!

 

 端子類は、下部にスイッチと充電用USB端子があるのみで、これまら非常にシンプル。

 大きさはこんな感じ。画面の大きさは6インチと、今はやりの7インチタブレットより少し小さめです。主さは約220gと軽いです。

 iPadとの比較。半分より少し小さいくらい。

 セットアップは事情に簡単。Amazon経由で買ったので初めからユーザーIDは紐づけられています。

 

 買いものページはこんな感じ、スマホ版Amazonのページとよく似ています。

 商品ページはこんな感じ。1クリックで気軽に買えるようにするのがAmazonのねらい目。

 

 ただし、iPadやスマホ、タブレットのようにスムーズなWebページの表示やスクロールはできないので、私の場合買いものはデスクトップPCですることになりそうです。

 文字の表示はこんな感じ。自ら光を発する液晶端末とは違い、確かに長時間見るにはよさそうです。

 文字の大きさを変える画面。こちらもiPadやスマホに慣れてしまうと、気軽に縮小・拡大が出来るわけではないので、手間がかかる感じです。

 一応、ウェブのブラウジングもできます。

 

”一応”とかいたのは、白黒であるのはやむを得ないとして、ページのダウンロード時間や拡大・縮小のスムーズさが、iPadやスマホを一度体験したら、とても許容できるレベルではまったくないからです。

 

 こちらは、あくまで”おまけ”程度の機能と割り切った方がよさそうです。。

 といった感じで、kindle Paperwhiteの到着初日段階での紹介をしてきました。

 

 改めて電子書籍端末を購入するメリットは、下記に集約されると思います。

 

・本を置くスペースが節約できる。

・まとめて何冊持ち歩いても重量が増えない。

・実際の書籍より少し(1割~2割)安く買える。

・注文したら即入手、読書ができる。

 

その中で、あえて白黒端末であるkindle Paperwhiteを買うメリットは、

 

・端末そのものが安価。

・長時間、文字を読むのに適している。

・電池の持ちを気にしなくてい良い(毎日30分で8週間持つとのこと)

・軽い!

 

といったところでしょうか。

 

果たして、私の生活の中に組み込まれ、日々活用する端末として定着するかどうか!?

 

それよりも、まずは買うだけ買って「積ん読(つんどく)」状態になっている書籍を読破することが、実は先決だったりしています…。